HOME » 中絶手術の体験談まとめ » 妊娠初期で堕ろした体験談

妊娠初期で堕ろした体験談

妊娠11週までの初期の間に中絶手術を受けた方の体験談をまとめています。

Case1.妊娠初期で子どもを下ろす決断を…

Aさん(20代・パート勤務)

妊娠7週目ごろに中絶手術を受けました。手術方法はソウハ法で、器具を使って胎児やその付属物を搔き出す手術法です。

当時の私は出産経験がなかったので、ラミナリア(※)を使って子宮口を広げる前処置が必要でした。手術前日の夕方にその処置を受けましたが、私が手術を受けた病院は入院施設がなかったので、いったん家に帰って翌日の朝また病院へ行って手術を受けました。

※ラミナリア…水分をふくむと膨らむ女性の子宮口を広げるための器具

全身麻酔をかけ、目が覚めたらベッドの上ですべてが終わっていました。

手術の費用は前処置が1万円、手術費用が10万円。手術前の通院や術後の通院も含めると、全部で13〜14万円かかったと思います。

私は手術後に結婚して流産を経験し、また子供を無事に授かって産みましたが、今でもあの時手術を受けたことを後悔しています。

しかし、それと同時に、子供を産んで育てるには金銭的な問題が付いて回ります。1人で産んで育てることは大変だし、誰かの協力が不可欠であることを痛感しています。

今でも、どうすべきだったのか正解は分かりません。

Case2.病院選びで失敗…心にひどい傷を受けた

Bさん(30代・パート勤務)

私は元々体が丈夫な方ではなく、その関係で就ける仕事が多くありません。

さらに、離婚と再婚を経験。当時2歳だった息子の育てにくさ、主人からのモラハラなどが原因でうつ状態になっており、もう一人産んで育てることは考えられませんでした。

妊娠検査薬で妊娠が分かり、近くの産婦人科で診察を受けた時には妊娠7週。お医者さんから「産みますよね?」と聞かれた時、「考えさせてください」としか言えませんでした。

その後、お医者さんの態度が豹変したのです。

笑顔もなく「近いうちにまた来て。手術するならするでつらいんで。早く決めてください」。

主人に相談したのですが「無理なんでしょ?あんたがそうしたいなら好きにすれば?」と。見放されたような気持ちでつらかったです。

すごく迷って考えて、1人で泣きました。結局2日後に病院へ行き、中絶を決めました。

診察室で医師に中絶を告げたところ「いい大人がなんて無計画なんだ!中絶手術をする方の身にもなってみろ!」と怒鳴られ、泣きながら聞いたのを覚えています。

数日後に中絶手術を受けましたが、お医者さんには手術に使うスプーン状の器具を見せられ、「これで赤ちゃんを搔き出すから。あなたがどれだけひどいことをしたか、よく覚えておきなさい」と言われました。

自分でもひどいことをしたと自覚していましたが、私のことなんて何も知らない人になぜそこまで言われなきゃいけないのか、つらくて手術室でも泣いてしまいました。

Case3.妊娠9週で中絶手術を受けました

Cさん(20代・会社員)

遠距離恋愛の彼の子供を妊娠し、9週で中絶手術を受けました。

その時には心音も確認できていて、つわりの症状もありました。数ミリの大きさしかないのに、お母さんの体調を変えるくらいの力があるんだな…と感じていました。

手術は午前中からだったので、何も食べずに病院へ行き、最初に麻酔が効きやすくなるという注射をしてもらうことに。無痛中絶手術にこだわっている病院だったので、このような処置があったのだと思います。

その後手術台へ行き、全身麻酔の状態で手術を受け、目を覚ますとベッドで寝ていました。手術開始の時間から1時間も経っていたようです。

痛みは全くなかったのですが、体に力が入らなかったので、よろよろしながらもどうにか立ち上がることができました。

家から徒歩7~8分のところにある産婦人科だったので、タクシーに乗る距離でもないと思い、なんとか歩いて帰りました。

中絶手術は高額なイメージがあったのですが、地方の個人病院だったからか、費用は8万円くらいでした。

経験豊富かつ親身な対応で評判の女医さんがいる
おすすめクリニック3選を見る>>

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。