HOME » 中絶手術の流れに関するQ&A » 中絶手術後に注意すべきこと

中絶手術後に注意すべきこと

中絶手術を受けた後は、体のダメージがしっかり回復するまで安静に保つことが基本です。

手術後の心と体の変化、生活する上での注意点などをまとめてみましょう。

手術後1週間は念のため安静に

中絶手術は、初期であれば10分程度で終わる簡単な手術です。しかし、体にとっては大きなダメージを受けていることに変わりありません。医師のアドバイスをしっかり守って、1週間は激しい運動をせず安静に過ごしましょう。

一般事務や営業など、激しく体を動かすことのない仕事なら、手術の翌日から再開しても構いません。シャワーは手術の当日から可能ですが、入浴は術後1週間ほどして検診を受け、感染の心配がないようなら可能になります。

1〜2週間は出血が続くことも…生理の再開は20日から50日後に

手術後4〜5日経ったころから、生理痛のようなお腹の痛みや出血が起こることがあります。1〜2週間ほど出血が続くことがありますので、出血の量や痛みなどを術後の検診の際に医師に伝えましょう。

我慢できないような激しい痛みや発熱がある場合、出血の量が多い場合は検診を待たずに早めに受診しましょう。

手術後の生理の再開には個人差がありますが、30日〜50日後くらいに来ることが多いようです。ホルモンバランスが崩れているので、次の生理までかなり時間がかかってしまいますが、その後は正常の生理周期に戻るので心配いりません。

手術後のセックスは出血が止まってから

術後1〜2週間ほどは出血がある場合が多く、細菌感染の可能性もあるのでセックスは控えましょう。

術後の検診などで出血がなくなったことが確認されてから可能になりますが、次の生理が始まるまで1ヶ月ほどは排卵が不安定になっているため、妊娠する可能性が高まります。実際に、術後すぐに「また妊娠した…」と病院へ駈け込む患者さんが多いそうです。

クリニックの中には、中絶手術後の生理周期を安定させるためと、確実に避妊できる方法として低用量ピルの服用を勧めているところもあります。何よりも自分の身体を守り、二度と辛い思いをしないための方法として、避妊についてはしっかり考えなければなりません。

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。