HOME » 中絶手術の流れに関するQ&A » 中絶手術に必要な手続きとは?

中絶手術に必要な手続きとは?

手術を受ける前にしなければならない手続きについて解説します。

手術の同意書には、誰のサインが必要なのか、パートナーがいない場合、未成年の場合など、どのような形式の書類を提出するのかを紹介しましょう。

手術の同意書には二人のサインが必要

中絶手術を行うにあたって、本人とその夫や恋人などのパートナーの同意が必要であると母体保護法で定められており、それがなければ手術を受けることができません。手術当日までに、署名や捺印をした書類を用意することになります。

同意書には、手術を受ける本人の名前や住所、パートナーの名前と住所を記入し、それぞれ捺印します。提出を受けたクリニック側は、この書類を5年間保管します。

クリニック側は書類の内容を守る守秘義務があるので、公的機関からの開示請求がない限り、基本的に外へ流出することはありません

パートナーの同意がないときはどうしたらいい?

母体保護法は、女性の体を守るための法律です。突然の事件に巻き込まれて妊娠したり、相手の男性が失踪してしまったり…どんな境遇にある女性でも、望まない妊娠をしてしまった人は、中絶手術を受けることができます。

ですから、パートナーがいないとき、または相手の同意が得られないときは、本人の同意だけで手術を受けることができるのです。

無理に代理の人にお願いする必要はありませんし、相手がいないからと悩む必要もありません。ただし、どのような状況で相手の同意が得られないのか、手術を行う医師にはできるだけ詳しく説明しておくとよいでしょう。

未成年の場合はどうしたらいい?

最近は未成年の高校生や大学生などが、望まない妊娠をしてしまうケースが増えています。

本人やパートナーが未成年の場合、本人たちだけの同意で手術を受けることはできません。本人が未成年であれば本人の保護者が、パートナーが未成年の場合はパートナーの保護者が、同意書に署名する必要があるのです。

若い二人にとって、親に相談することはとてもハードルが高いことかもしれません。しかし、時間が経てばたつほど状況は悪化し、体へのリスクが高まります。

中絶手術ができる期間は5週から22週までと限られていますから、最悪の場合は望まないまま出産へ臨まなければならなくなってしまうことも…。

確実な避妊は最も重要なことですが、万が一妊娠したことが分かったら、自分の身体と将来を守るためにも、保護者へ真っ先に相談しましょう。

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。