HOME » 中絶手術の流れに関するQ&A » 中絶手術で不妊症になるリスク

中絶手術で不妊症になるリスク

中絶手術と不妊の関係性

中絶手術をすると不妊になりやすいって本当?

妊娠をし、いろいろな事情から中絶という選択をするしかないケースは、どうしても生じてしまうと思われます。

しかし、中絶手術には身体的なリスクがあり、そのひとつとして挙げられるのが「不妊」です。

その理由として、中絶手術の方法のひとつである「掻爬法(そうはほう)」が原因であるといわれています。

掻爬法は、子宮内の胎児や胎盤を、専用の器具で掻き出して中絶を行う方法です。

このとき、子宮内膜を削り過ぎてしまい、その後妊娠したときに着床率が低くなってしまうという説が、中絶手術をすると不妊になると考えられています。

実際はどうなのかというと、中絶手術で削られた子宮内膜は、時間の経過と共に回復していきますし、毎日少しずつ厚くなって、月経のときに剥がれ落ちていくということを繰り返していますので、掻爬法が不妊の直接的な原因にんるということはごくまれです。

中絶手術が原因で不妊になってしまう可能性は低いと考えればよいでしょう。

また、中絶手術後の妊娠において、胎児や母体に影響があるということも考えなくてよいようです。

可能性は低いが、不妊になるケースもある

掻爬法を用いたとしても中絶手術が問題なく完了すれば、不妊のリスクはないのですが、手術の際に掻爬に使用する器具が支給に穴を開けてしまうことがあります。

症状がひどいと開腹手術が必要になることもあり、こうした特異なケースではのちの不妊につながってしまうこともあるかもしれません。

また、可能性としては低いのですが、中絶手術が原因で「アッシャー症候群」という後遺症を発症することがあり、不妊を引き起こしてしまいます。

アッシャー症候群とは子宮内膜が炎症を起こして子宮内に癒着してしまう症状です。

妊娠が判明してすぐであれば、受精して着床するまでに薬と注射で子宮内膜を剥がして着床しないようにする処置を取ることができ、母体に大きな負担をかけずに済みます。

「吸引法」という手術法もあり、これは最初掻爬法で手術を行い、途中から吸引器で圧力をかけて子宮内のものを吸い出す方法です。

吸引法のほうが時間が短く、体への負担も少ないので、産婦人科学会でも吸引法が推奨sれています。

しかし、妊娠12週以降になると、掻爬法が必要になるのはもちろん、母体への負担が大きくなってしまいます。

メンタル面が原因で妊娠できない人も

中絶手術をした後は、体はもちろんですが心にはさらに大きな負担がかかります。

自責の念に囚われ、過度なストレスによって精神面はもちろん、体にも影響が出てしまう人も少なくありません

こうした精神的な問題から、体は妊娠できる状態なのに、長いあいだ妊娠できなかったという人もいるようです。

「望まない妊娠」をしないために意識すること

中絶手術という選択しかできなかった場合でも、その後の妊娠におけるリスクは少ないということがわかりました。

しかし、できるなら中絶手術はしないことが望ましいですし、こうした「望まない妊娠」をしないことが、自分の心と体に負担をかけないための方法だと思います。

そのためには、避妊において「自分の体は自分が守る」という意識をしっかりと持つこと。

日本では避妊の必要性と妊娠後の男女の負担に関する意識が逆転してしまっています。

避妊におけるイニシアチブは男性は持っているのに、いざ妊娠したときの体の負担は女性のほうが大きいのです。

ぜひ避妊に対する主体性を持ち、自分自身を守れる強さを持ってほしいと思います。

参考:『産婦人科医に聞いた! いま知っておきたい「中絶」のリスク』ALICY
https://www.alicey.jp/article/39767

参考:『中絶すると、妊娠しにくくなるって本当?』ルナルナ
https://pc.lnln.jp/article/mtihp-0002631-html

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。