HOME » 中絶手術の流れに関するQ&A » 無痛中絶手術は本当に痛くない?

無痛中絶手術は本当に痛くない?

中絶手術を受けるクリニックを探していると、“無痛中絶手術”を謳っているところが数多くあることに気が付くでしょう。

手術や治療に痛みはつきものですが、できるだけ痛みを感じずに手術を受けたいと思うのはみんな同じ。無痛手術とはどのようなものなのか解説します。

無痛人工妊娠中絶手術のポイントは麻酔の方法

手術で痛みを感じるか感じないかは、麻酔の種類や投与する量と深く関係しています。

総合病院で手術を受ける場合は、各科の執刀医だけでなく、麻酔科医が立ち会って患者の呼吸や意識状態をチェックしながら手術が行われます。一方、婦人科クリニックの中絶手術では、麻酔もバイタルチェックも執刀も1人の医師で行うことがあります。

麻酔科の専門医が立ち会わない場合、事故が起こってしまうのを恐れて、無難な量で弱い麻酔をかけて手術が行われることがあり、体質によっては麻酔の効きが悪かったりして、痛みを感じる患者さんも出てしまうようです。

ですから、無痛中絶手術を強調しているクリニックは、麻酔科専門医が手術に立ち会ったり、麻酔に関する知識が深い執刀医が手術を担当するなど、麻酔にこだわっているところが多いようです。

術前処置をするかしないかによっても痛みが違う

麻酔のほかにも、痛みを取るためにこだわるポイントがいくつかあります。そのひとつが、術前処置を行うか行わないか、という点です。

子宮内から妊娠組織を取り出すためには、子宮の出入り口である子宮頸管を広げておく必要があります。しかし、手術の前日や当日の朝、麻酔をかける前に子宮頸管を広げる処置を行うと、出産経験のない若い患者さんには強い痛みを伴うことが多いのです。

ですから、無痛手術を謳っているクリニックの多くは、麻酔の前に術前処置を行わないようにし、麻酔で患者の意識がなくなってから、子宮頸管を広げるようにしています。

無痛手術はもはや常識!痛みよりも手術の技術に注意して

中絶手術の場合は、手術や治療の痛みに慣れていない若い患者さんが多いこともあって、クリニック側が宣伝の意味で無痛手術をことさら強調しているようにも見えます。

さらに、点滴を打つ前にもシールタイプの麻酔をしたり、術後の痛みを感じないよう早めに鎮痛剤を投与したりと、手術前後もできるだけ痛みがないようこだわっているクリニックもあるようです。

しかし、妊娠中絶に限らず、手術を行うときは無痛の状態にするのは常識です。無痛であるかどうかはもはや当たり前であって、クリニックを選ぶ基準としてはあまり重要ではありません。それよりも、手術を行う医師の技術や対応、手術の内容などにこだわって選ぶべき。

いくら完全無痛であっても、医師の対応が横柄だったり、技術不足でトラブルが起こるようでは本末転倒なのです。

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。