HOME » 中絶手術の流れに関するQ&A » 増える40代の中絶手術と高齢出産の4つのリスク

増える40代の中絶手術と高齢出産の4つのリスク

40代の中絶手術増えている理由

妊娠中絶手術というと、10代から20代前半くらいの人が多いというイメージをもっていませんか?しかし、近年では40代で中絶手術をする人が増えているのです。それはなぜでしょうか?

ここでは、40代の中絶手術がなぜ増えているのか、また高齢出産で考えられるリスクなどについて、詳しく説明していきます。

未婚での妊娠というケース

今は40代だからといって、必ずしも結婚しているとは限らないものです。中には結婚という形にこだわりがなく、パートナーと暮らせたらそれでいいという自由なスタイルを維持する人も少なくありません。

また、中には法的には認められないお付き合いをしているケースもあり、そういった場合に40代で妊娠すると、相手に迷惑がかかるから、といった事情から子どもをあきらめることもあるようです。

経済的にもう一人は育てられないというケース

例えば、結婚10年以上で、中学生と高校生の子どもが2人。これから子どもたちの教育費がピークを迎える。そんなときに、思わぬタイミングで子どもを授かったというケースも意外にあるようです。

家族が増えるのは嬉しいけれど、経済的な負担を考えると育てる自信がない。そう思って、産むのをあきらめるケースも珍しくはありません。

40代での出産と子育ては体力的に不安というケース

40代での出産や子育てには、体力的な不安を感じる人もいます。見た目年齢ではまだ若いと思っていても、体力の落ち込みを感じ始めるのもこの年齢です。

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、20代が中心のお母さんたちとつきあっていけるのか、子どもが大きくなるにつれ体力的にきつくなるのではないかなど、不安に思うのも無理はありません。

そうした理由から冷静に判断し、あえて中絶手術を選択する人もいるようです。

妊娠中の検査で子どもに障害…育てる自信を持てないケース

やっと授かった命であっても、妊娠中の検査で生まれてくる子どもに障害があることが分かり、悩んだ末にあきらめたというケースもあります。

どんなに若々しい人でも、生殖機能の面で20代と40代の妊娠は同じではありません。高齢出産の場合、染色体異常などの障害をもった状態で産まれてくる可能性は高くなります。

その場合、育てる自信が持てずに中絶手術を選択する人もいるようです。

高齢出産が抱える4つのリスク

医学的に35歳以上の出産は、高齢出産と言われます。高齢というだけで、最初から自然分娩を避け、帝王切開をすすめる産婦人科医もいます。理由としては、それだけリスクがあるということです。

ここからは、高齢出産の代表的な4つのリスクを説明していきます。

妊娠高血圧症候群による母体へのリスク

妊娠高血圧症候群は、昔は妊娠中毒症と呼ばれていました。妊娠をすると、赤ちゃんはお母さんのお腹の中で栄養を吸収していきます。しかし、この栄養供給がうまくいかないと、赤ちゃんは胎児発育不全となり、平均よりも小さい体で産まれてくることがあります。

また、母体への影響としては、合併症を引き起こしたり、赤血球が破壊されるなど、深刻な事態を招く可能性もあります。

妊娠高血圧症候群の発生率は35歳から次第に高くなり、40歳以上になるとそのリスクはさらに大きくなると言われています。

障害をもった子どもが生まれるリスク

高齢出産になると、染色体異常などの障害をもった子どもが生まれるリスクは、どうしても高くなります。20代と40代の出産で比較すると、そのようなリスクは約4倍にもなるというデータがあります。

染色体異常の代表的なものはダウン症です。高齢出産であるほど、こうしたリスクが高いことは理解しておいた方が良いでしょう。

流産や早産になるリスク

高齢での妊娠は、ホルモンバランスが大きく変化する時期と重なることもあり、受精しても着床しづらかったり、着床し妊娠したとしてもその後安定せず流産してしまったり、早産になるといったリスクも大きくなります。

流産や早産は母体に大きなダメージを与えます。その結果、不妊になるといったケースもあるようです。

出産後の体力回復が遅れるリスク

言うまでもなく、出産は母体に大きな負担がかかります。出産した後もすぐにはこれまでの生活には戻れません。

出産翌日から赤ちゃんには3時間ごとの授乳とお世話が必要で、3か月ほどはどのお母さんも寝不足状態になります。

20代ならそれでも比較的早く回復しますが、40代はなかなか体力が戻らず、子育てを辛く思うこともあるようです。

40代での中絶手術はリスクをよく考えて決断を

女性の生き方が多様化し、出産の時期も人それぞれの時代です。40代での妊娠も珍しいことではなくなりました。

しかし、高齢になれば出産のリスクが高くなるのは今も昔も変わりません。高齢出産で考えられる危険性を理解し、よく考えた上で中絶手術を選択したという人がいても、それは自然なことと言えるのではないでしょうか。

ただし、中絶手術そのものも母体にまったく負担をかけないとは言えませんので、慎重に考えることがとても大切だと言えます。

免責事項

本サイトは、個人が収集した中絶手術に関する情報をもとに構成したものです。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。